2016年5月1日日曜日

電子工作第1回の回路図を掲載します!

こんにちは!理系コース担当の嶋崎です!

先のレッスンでは、皆さん電子工作の「LEDを光らせよう」を楽しんでいただけたかと思います。
皆さんにパーツをお持ち帰りいただきましたが、一度回路は解体してしまっているので再現が難しいですよね。
とくにLED、コンデンサは向きがあるので、どっちにしたら良いか分からなくなってしまうと思います。
そこで、レッスン中に作った回路をもう一度組み立てるために、解説を載せておきます。
方法は以下の通りです。

1. LEDの足が長い方を赤い線のどこかに挿す
2. LEDの足が短い方を他のどこかに挿す
3. 抵抗の足をLEDの2.の位置付近に挿す
4. 抵抗のもう片方の足をどこかに挿す
5. ワイヤを抵抗の4.の足付近と、青い線のどこかに挿す
6. 電池を繋げる

・・・ちょっと分かりづらいですかね?ということで、画像を用意しましたので以下をご覧ください。




また、以下の回路ではLEDの光り方はどうなるでしょうか。予想してから組み立ててみてください。
予想→設計の繰り返しによって電子回路の考えが身につきます。ぜひとも挑戦してみてください。



使った素子、部品
・ブレッドボード
・ブレッドボード用ジャンパワイヤ
・LED(5mm、砲弾型)
・電池(単3×2本=3V)
・コンデンサ(100uF、1000uF)
・抵抗器(390Ω)